読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LPIC 201 起動関連

はじめてのsystemdサービス管理ガイド | Developers.IO

BIOSMBRブートローダ → 2つ目のブートローダカーネル → init

ブートローダについて
GRUB Legacy ステージ 1(MBRにある) → 1.5(ステージ2までのつなぎ) → 2(本体 /boot/grub/stage2)

 設定ファイルは/boot/grub/menu.lst 

 grubコマンドでいろいろできる インストールだけならgrub-install /dev/sdaでも

GRUB 2

 設定ファイルは/boot/grub/grub.cfg (←直接編集はしない)

 /etc/default/grubで設定し、update-grubコマンドでcfgを作成

2つの違い

GRUB Legacy

f:id:nakka-yuzu:20160807183138p:plain

GRUB 2

f:id:nakka-yuzu:20160807183131p:plain

 GRUB 2の/etc/default/grub

 

 

 

 起動時、カーネル選択画面(hiddenmenuをコメントアウトする必要あり)でeキーを押すとgrubモードになり、オプションを選択したり(さらにe)、grubシェル(c)が使える

起動オプションの設定

f:id:nakka-yuzu:20160807174441p:plain

 起動後に確認 ⇒ /proc/cmdline

 

inittabの設定

inittabの書式 x:5:respawn:/etc/X11/prefdm -nodaemon

ID:ランレベル:アクション指示子:処理

アクション指示子 

f:id:nakka-yuzu:20160804233848p:plain

 

 

[nyakka@localhost ~]$ cat /etc/inittab
#
# inittab This file describes how the INIT process should set up
# the system in a certain run-level.
#
# Author: Miquel van Smoorenburg, <miquels@drinkel.nl.mugnet.org>
# Modified for RHS Linux by Marc Ewing and Donnie Barnes
#

# Default runlevel. The runlevels used by RHS are:
# 0 - halt (Do NOT set initdefault to this)
# 1 - Single user mode
# 2 - Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking)
# 3 - Full multiuser mode
# 4 - unused
# 5 - X11
# 6 - reboot (Do NOT set initdefault to this)
#
id:5:initdefault:

# System initialization.
si::sysinit:/etc/rc.d/rc.sysinit

l0:0:wait:/etc/rc.d/rc 0
l1:1:wait:/etc/rc.d/rc 1
l2:2:wait:/etc/rc.d/rc 2
l3:3:wait:/etc/rc.d/rc 3
l4:4:wait:/etc/rc.d/rc 4
l5:5:wait:/etc/rc.d/rc 5
l6:6:wait:/etc/rc.d/rc 6

# Trap CTRL-ALT-DELETE
ca::ctrlaltdel:/sbin/shutdown -t3 -r now

# When our UPS tells us power has failed, assume we have a few minutes
# of power left. Schedule a shutdown for 2 minutes from now.
# This does, of course, assume you have powerd installed and your
# UPS connected and working correctly.
pf::powerfail:/sbin/shutdown -f -h +2 "Power Failure; System Shutting Down"

# If power was restored before the shutdown kicked in, cancel it.
pr:12345:powerokwait:/sbin/shutdown -c "Power Restored; Shutdown Cancelled"


# Run gettys in standard runlevels
1:2345:respawn:/sbin/mingetty tty1
2:2345:respawn:/sbin/mingetty tty2
3:2345:respawn:/sbin/mingetty tty3
4:2345:respawn:/sbin/mingetty tty4
5:2345:respawn:/sbin/mingetty tty5
6:2345:respawn:/sbin/mingetty tty6

# Run xdm in runlevel 5
x:5:respawn:/etc/X11/prefdm -nodaemon
[nyakka@localhost ~]$

 

/etc/rc[0-6].d/の中にS03sysstatとかK02NetworkManagerとかがいて、そいつらが各ランレベルでの起動時に起動(S)終了(K)するプロセスになっている

(実は/etc/init.d/~の起動スクリプトへのシンボリックリンクになってるだけ)

 

自動起動の設定には、上述のように手動でシンボリックリンクのファイルを作るか、chkconfigやupdate-rc.dコマンドを使う

最近はupstartを使っている場合が多く、initctlというコマンドでジョブを管理する

 

f:id:nakka-yuzu:20170414065627j:plain

 

f:id:nakka-yuzu:20170414065639j:plain

RHEL6→RHEL7で変更された主要コマンドまとめ — | サイオスOSS | サイオステクノロジー

 

その他のブートローダ

LILO     古いやつ liloコマンドでインストール

SYSLINUX  USBやCDからブート EXTLINUXやPXELINUXなど

 PXELINUX  ネットワークブート DHCPとTFTPを用いて起動

 

広告を非表示にする